防水・シール工事

戸建て住宅・集合住宅・ビル・駐車場など、その種類を問わずほぼすべての建物には、防水施工が施されています。
そして、建物にはベランダや外階段・外廊下・バルコニー・屋上など、雨ざらしになるさまざまな場所があり、防水工事もその場所に応じて使い分ける必要があります。

防水性能が落ちることで、コンクリートに雨水が染み込み、いずれは雨漏りを引き起こします。
いつまでも残っている水たまりや塗膜表面に膨れ・剥がれ、ドレンの詰まりがあれば、お早めに当社までご相談ください。

屋上やベランダにこのような症状はありませんか

■塗膜の剥がれ・膨れ・浮き

壁の内側に漏水することで起こります。部分的な塗膜の劣化によって発生した裂け目から広範囲に広がることもあるため、早めに対策が必要です。

■変色・色落ち・汚れ

雨や紫外線、熱、風によって防水効果が劣化することで起こります。耐久性を維持するため、建物や立地条件に合った工法を選ぶ必要があります。

■トップコートの磨耗

防水塗膜の表面を覆うトップコートを定期的に塗り替えることで、より長く美しい防水性能を維持することができます。ウレタン防水やFRP防水は、5年を目処にメンテナンスを行いましょう。

シーリング工事

シーリングは外壁材同士のつなぎ目や、建具との接合部分にできる隙間を埋める薬剤です。シーリング材には弾力性があり、高い防水性能を持っているため、建物の揺れを吸収したり、建物内部に水が浸入するのを防ぐ役割を果たしています。

このシーリングも年月の経過によって劣化し、硬化やヒビ割れが起こります。こうした症状は雨漏りの原因になるため、増し打ちや打ち替え工事を定期的に行う必要があります。

外壁塗装、塗り替え工事のことなら株式会社朱雀塗装

【TEL】090-8381-6062/075-200-1964
【所在地】京都府京都市右京区鳴滝中道町7-6
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】京都市を中心とした、関西エリア全域

一覧ページに戻る